ウォーターサーバーで赤ちゃんに簡単ミルク

ウォーターサーバーを使うと、赤ちゃんに飲ませるミルクが簡単に作ることができます。その理由は、ウォーターサーバーの機能にあり、5度前後の冷水と80から90度のお湯が同時に使える所にあります。

赤ちゃんに飲ませるミルクの温度は人肌と同じ温度だと言われており、これは約60度だそうです。大勢のママさん達は電気ポットを使って、ミルクを作るそうです。電気ポットは温度設定ができるので、温度を60度に設定してお水を沸かし、ミルクを作るのに使います。しかし電気ポットは、もちろん、ミルク作成用以外にも使いますし、その度に温度設定を変えるのは不便です。それに比べ、ウォーターサーバーを使ってミルクを作るのは楽です。

ウォーターサーバーを使ってどのようにミルクを作るのかと言いますと、温水に冷水を混ぜ合わせ60度の温度にするだけです。これなら手早く簡単にお腹を空かせた赤ちゃんにミルクを飲ませてあげることができます。また、ウォーターサーバーのお水の中には赤ちゃんのミルクを作るのに適したミネラル分の少ないピュアウォーターや国産の軟水天然水、放射能物質混入の可能性が低い水源から汲んだお水など、各条件を満たしたお水が多くあり、ママさん達に好きなものを選んでもらうことができます。